顎関節症

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

顎関節症とは

顎関節症は「顎が痛い」「顎が鳴る」「口を開けにくい」といった症状を感じるもので、なかなか治りにくい慢性疾患もあるほどです。

歯医者で行う理由

歯医者で顎関節症を行う理由としては、口内における治療の専門家として治療をしているからです。また、自宅などでも治療はできますが、時間がかかったり、再発するなど根本的な解決にならないからです。

顎関節症ってどんなもの??

まず、「口を大きく開けれなくなった」、「口を動かすとあごに音がする」などの経験があると思います。
こういったあごの関節や筋肉の症状を顎関節症といいます。

顎関節症になっているとどうなるのか?

顎関節症になると口の中が痛く食べ物が食べづらい、痛みがでて不快になるなどの症状が発生します。
このように、ほっといても治る顎関節症ではありますが、なっている間は顎の感覚が変わり、痛みが発生するため、口内の専門である当院で診察、治療をしています。

顎関節症になりやすい人とは??

顎関節症になりやすい要因としては、精神的ストレス、顎の酷使、大きく口を長時間開けている、歯ぎしりや噛み締める習慣、猫背の姿勢、急激な咬み合わせの変化や打撲などです。
治療ももちろん大事ではありますが、患者さん自身の自己管理も大事な治療になります。

顎関節症の治療法について

顎関節症は人それぞれどのようになったのか、どのような症状なのか全く異なります。
また、どんな習慣から顎関節症になったのかも変わります。
そのため、問診・触診にてしっかり検査をしどのように治療をしてくかを定めていきます。
顎の痛みやこりの状態なども検査することや歯の模型なども使いながら検査していきます。
ただ、安心していただきたいのは、顎関節症は適応力があるため、しっかり症状を理解し、治療をしていくこと、症状が起こった習慣を理解、改善することで自然と消えていくこともあります。長期間にわたる治療にならないよう、顎になにか違和感がある、痛みがでるなどの症状がありましたらまず、当院にご相談ください。

審美専門サイト バクテリアセラピー
院長ブログ 2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました
03-5357-1066 ENGLISH OK