初めての方へ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

初めての方へ

初診の方には60分のアポイントをいただいております。当クリニックでは、患者さまとのコミュニケーションを重視しているため、いきなり治療することはいたしません。ただし、急患の場合は適宜ご対応させていただきます。

治療の流れ

初診時にはカウンセリングと口腔内の写真撮影を行い、患者さまの症状とライフスタイルに合わせて治療計画を考案します。ご納得いただけるまでしっかり説明しますので、一緒に最善の治療方法を選択しましょう。

歯科クリニックが苦手な方へ

津田デンタルクリニックは、歯科医院が抱える「痛み・音・臭い」の3大不満要素に、とことん向き合って解消できるよう取り組んでいます。

他の歯科医院で痛い思いをした…

以前通っていた歯科医院で痛い思いを経験して、「歯医者=痛い」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。当クリニックでは、表面麻酔を施した上で電動麻酔を行う「痛みの少ない治療」に取り組んでいます。

歯科医院特有の音が嫌い…

歯科医院に行けば、必ず耳にする「キーン」という音に苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。当クリニックでは、比較的音の少ない機材を導入して、院内にリラックス効果の高いBGMを流すことで、患者さまに少しでも緊張をほぐして頂けるような治療に取り組んでいます。

歯科医院独特の臭いが苦手…

歯科医院に入ると感じる「ツーン」という薬品の臭いを嗅ぐだけで緊張してしまう方も多いでしょう。当クリニックでは、受付にアロマスティックを置き、比較的臭いの弱い薬剤を使用しているため、歯医者独特の臭いはほとんどしません。

治療への取り組み

質の高い治療のためには、精密な診断が必要不可欠です。当クリニックでは、マイクロスコープや歯科用3次元CTを使用した、より正確で質の高い治療を行っています。

徹底した衛生管理と最新設備

当クリニックでは、院長が米国留学時代に学んだ徹底した衛生管理を行っています。患者さまに使用する器具はすべて熱水消毒器で洗浄し、ひとつひとつパックしています。さらにその後、器材の内部まで滅菌することができるクラスBオートクレーブを使って滅菌しているので、「より安心・安全」な治療を受けていただくことが可能です。

当院自慢の衛生管理とはどんなものか?

歯医者で必要不可欠である歯を削るドリルやハンドピース(歯を削るドリルの柄の部分)も全て当院のオートクレーブで完全滅菌しております。当院でも使用頻度が非常に高い機材です。なぜ完全滅菌にしているかの理由については、圧力によって空気や水を噴射するため、停止時には唾液や血液を内部に吸い込む性質があり、どんなに外側だけ消毒しても汚染のリスクは避けられないことからハンドーピースは滅菌が必要不可欠だと当院では思っております。

ただ、現在の歯科医院でいうと、ハンドピースの滅菌には手間と時間がかかるため、複数の機材を持っていないと対応できず、中にはアルコール消毒だけという歯科医院もあるほどです。また、ハンドピースはとても高価な機材であり、滅菌を繰り返すと故障する恐れもあるため、その修理代への懸念なども滅菌が徹底されない要因の一つであるようです。

こういったことのないよう、当院では、ハンドピースを1本ずつ袋詰めしてしっかり滅菌、保管します。患者様に使用する際に初めて開封して院内感染予防を徹底しています。

当院では治療前の準備が非常に大事であると思っておりますので、衛生管理にも力をいれ、正確に安全な治療ができるようにしております。

ミーレジェットウォッシャー(熱水消毒器)

ミーレジェットウォッシャーは、使用した器具を93℃の熱水で洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動的に行う熱水消毒器です。歯科器具に付着した血液や唾液などのたんぱく質の汚れを、器具の内部まで綺麗に洗浄できます。

 

クラスBオートクレーブ(滅菌器)

日本よりも厳しいヨーロッパ基準(クラスB)に準じた滅菌器です。蒸気を満たすことにより、複雑な構造の器具の内部まで滅菌を行い、機材についている菌をほぼ完璧に死滅させることができます。日本では、クラスBオートクレーブを導入している歯科医院は全体の僅か2%です。当クリニックでは、治療で使用する全ての器具を、クラスBオートクレーブで滅菌しています。

 

コンビネーションオートクレーブ(滅菌器)

患者さまの歯を削る器具や、入れ歯や義歯などを削る機械などを滅菌するために使用する機材です。歯や骨を削る器具は、どうしても血液や唾液が内部に入ってしまいがちです。内部に付着した汚れは、通常のオートクレーブでは滅菌することはできません。しかし、このコンビネーションオートクレーブは、内部回路に付着した汚れまで徹底的に洗浄することが可能です。

口腔内カメラ(CCD)

虫歯や歯の裏側の汚れを口腔内カメラで撮影し、各ユニットに設置したモニターに写真データを映すことで、患者さまと歯の状態を共有し、治療方針や進捗を確認してもらうことができます。

 

口腔内カメラ

口腔内カメラを使用することで、患者さまの歯並びや歯の状態を把握することができます。また、患者さまにブラッシング指導をする際も役立ちます。

 

生体情報モニター

インプラント手術や歯周病手術、抜歯などの治療時に使用する機器です。患者さまの血圧・脈拍・血中酸素濃度などをモニタリングして全身の管理を行い、患者さまの全身の状態を把握しながら治療を進めることで、高齢者や高血圧症の患者さまにも安全な治療を提供できます。

審美専門サイト バクテリアセラピー
院長ブログ 2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました
03-5357-1066 ENGLISH OK